2009年06月02日

不妊症について

不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る
妊娠成功ガイドブック
【安心の全額返金保証付】
■不妊症周期療法の第一人者譚定長先生が公開■



Ci090603073644.jpg


不妊症の原因でもある子宮の腫瘍で、最も多いと
いわれているのが子宮筋腫です。
私も小さい腫瘍が見つかって半年に一度は
受診しています。腫瘍が小さいままなら問題は
ないと言われました。
その筋腫は加齢と共に大きくなるらしく、
特に35歳から40歳頃にかけて臨床症状を引き起こす
傾向にあるらしいのです。

>>妊娠しやすい体を作る最も効果的な方法とは?

やはり、定期的な検査はした方がいいと
女性の方に強くいいたいです。
もし何かみつかっても、早いに越したことは
ないですからね。

>>妊娠成功ガイドブック


その他の関連サイト
高齢出産 悩み
不妊治療 妊娠 西村知美
婦人科系 子宮
posted by ヒマワリ at 11:28| 不妊症 高齢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働く女性にとって

歳を重ねるごとに妊娠する確率は減っていきます。
自分の祖母の時代は10代で嫁にいって、
子供を沢山生みました。そう考えるとやはり
若い頃の方が妊娠しやすいとも言えますよね。

>>高齢でも自然に妊娠したい

現代では男女平等社会になり、女性が働くのが
当たり前のようになってきています。
結婚しても仕事が忙しい理由で妊娠のタイミングを
遅らせてしまうことは少なくないと思います。

>>最も大切な子づくりのルールとは?

その他の関連サイト
卵巣のう種 不妊
岸田今日子 高齢出産
卵巣のう種 宇多田ヒカル



posted by ヒマワリ at 10:34| 不妊症 高齢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高齢の悩みについて

不妊症とは夫婦生活が正常に行われ2年経過しても
妊娠しないと不妊症の疑いがあるようです。
でも、高齢になってくると若い頃と違って
回数も減少する傾向がありますよね。
旦那様が子作りに積極的に参加してくれると
問題はありませんが、「仕事で疲れてるから」とか
言われると女性としてショックですね。

>>赤ちゃんを授かるために特におすすめする食事とは?

旦那様にも女性の身体の仕組みをもっと
知ってもらって、子作りに積極的に参加して
もらえると女性として嬉しいですよね。
不安な気持ちも半減します。

>>不妊治療の門を叩く前にやっておくべきこととは?


その他の関連サイト
世界仰天ニュース 子宮年齢
排卵誘発剤 太る
不妊症 妊娠 高嶋ちさ子


posted by ヒマワリ at 10:10| 不妊症 高齢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。